なんかもう第何段でもいいよ

e0076112_2365154.jpg


歯科医の憂鬱 キャラ文庫
榎田 尤利 (著), 高久 尚子 (イラスト)

マスクの下の怜悧な美貌に、キツい口調。大の歯医者嫌いの新城穂高(しんじょうほだか)は、担当医師の三和(みわ)が怖かった。でも、白衣を脱いだ三和は、穂高の知らない別人に! 笑顔を絶やさず、何をされても怒らないなんて、二重人格ってやつ!? 医院の内と外で激変する性格の、どっちが本当の顔なのか。次第に三和から目が離せなくなる穂高だけど!? アダルト・スイートLOVE



いわゆる二重人格ものです。
どっちの三和先生も好きですが
歯科医モードの淡々とした感じのほうが好きかも♪

んで・・・
今回は例によって
三和先生を惑わすダメ男が二人出てくるのですが
それを完全にシャットアウトする穂高が素敵でした♪

この小説は
穂高視点と三和先生視点があるのですが
三和先生視点の方がずっと好きです!!

一人称なんですが素敵なんですよ♪
リズムちゃんというマセた女の子も面白かったですw

医者一家ということで
決められた道を進まざるを得なかった
三和先生がなんだか悲しくて・・・

んで・・・買ってあげたプレゼントが
逆効果になってしまった時は
すっごく悲しくて悲しくて・・・;

まぁね。
男の見栄というものはあるけど
ああいうやり方は可哀相だ!!と
紙の中の穂高に説教してやりたくなりましたw

んで・・・
最後は愛を確かめ合う・・笑
のですがやはり幸せっていいなぁ・・・って。

こんなレビュー書いている内は絶対に幸せ掴めなさそうだ笑
[PR]
by syukarin71 | 2006-01-07 23:12 | BL小説レビュー


<< うーっ 第10段くらいじゃね? >>