リンゴが落ちても恋は始まらない ディアプラス文庫

携帯は怖いです。すごく怖いです。
なら・・使わないが最強じゃないか!!
そんなことを悟った今日です。

ってか今日は昼寝したから眠くないのです。
だからレビューどんどんいっちゃおう♪

e0076112_0575136.jpg

リンゴが落ちても恋は始まらない 新書館ディアプラス文庫 (130)
松前 侑里 (著)

次期学長の主人公忍(高校の英語教師)が恋人(年上の医者)との不倫旅行から戻ると、マンションの部屋は同僚の暁人(物理教師)が住んでいた。父に彼氏との関係がばれて勘当され、行き場の無くなった忍は、気に喰わない同僚の暁人と仕方なく同居することになり(※アマゾンにあったレビューを引用しました。)


Try Me Freeで一気に好きになった松前侑里さんの小説です。
これは何本なんだろう・・・?あとがきにはなかったけど・・・。
恐らくリンゴ本かな?

さて・・・本作品ですか
「難しい」といわれる松前さんの作品の中では「易しい」らしいです。この作品。
でも自分にとっては難しかった・・・。なんというか台詞回しが独特なんですよね。
「グラスを返してもらいたいんだ。」「持ち主も一緒にね」というような感じで。

でもまぁ設定とかはわかりやすいっちゃわりやすいのかな?
小説の「難しい」ってあんましよくわからないですよね。。
自分にとっての「難しい」は短い行の中で一気に展開が変わっていることかな?

そういう面で言うといつの間に両思いになっていたのかわからなかったから
「難しい」んだろうな。うん。恐らく抱きしめられたやつ・・・?
あの医者が刺されて見舞いに行くシーンをもっと書いてほしかったかなー。

で・・・魅力はキャラだと思います。全員教師なのですが・・・
学校の跡取り息子で営業用と素がありながらもどんどん人間らしさが出てくる忍に
料理も掃除もできる超器用な機械オタク・・・。でも絵だけは苦手な暁人。
で・・・鳥オタクに化学オタク・・・。この脇カプの話・・・見たかったなぁ。

まぁクライマックスさらさらーと終わってしまったのは確かですが
でもこの話の真髄は暁人に心がいくまで・・・だと思うしね。
結構知識が得られる本だと思います。一家に一冊。

あの掃除ロボットのルナがいい役目を果たしているなと思いました♪
あとそういう描写も濃くないのも・・・自分は好きでする。

ってかこれもまたディアプラスだ・・・。
何でだろ?そんな文庫買いはしないんだけどね?
まぁ少しだけプラチナを避け始めているのは確かだけど・・・。
自分には・・・ラピスとかが向いているのかなー?

でも好きな作家は崎谷はるひ(はるひん)さんだという矛盾w
[PR]
by syukarin71 | 2006-03-24 01:09 | BL小説レビュー


<< エス SHYノベルス あーもう >>