そして恋が始まる キャラ文庫

桜木さん・松前さん・月村さんは「朝チュントリオ」と
某所で呼ばれていますが・・・
前にどこかで書いた通り自分はこの3人が大好きですとも!!
やっぱり・・・濃いシーン・・というかなんだろ・・下品とも違う・・
「おいおいそれはないだろ・・」みたいなのはダメみたいです。
でもはるひんは別格・・・笑 森本さんも好き。
人間なんてそんなもんですとも。空しいな。

やたら前ふりが長くなりました。

e0076112_23323252.jpg

そして恋がはじまる キャラ文庫
月村 奎 (著) 夢花李(イラスト)

高校生の未樹は、相手の顔色を窺ってイイ子を演じる自分がキライ。そんな未樹は偶然、司法書士の浅海と出会う。未樹の密かな悩みを「人を傷つけない優しさ」と肯定した浅海。彼がゲイだとわかっても、大人で穏和な彼の側は誰といるより安心できて。彼の事務所に通うたび未樹は無防備に甘えてしまう。ところがある日、突然浅海に「ここには来ないで下さい」と言われてしまい。


なんか画像が悪いような気が^^;
未樹は結構複雑な家庭状況なんです。
それで・・・息をつける相手を見つけて・・・って感じで。
なんか・・・大人っていいなぁと思う。
まぁそれは自分が子供だからなんだけどね。。
自分いい子ちゃんな訳じゃないけど・・・未樹の悩みなんかわかったw

あとねこの作品は脇役もいい!!
特に姉のまなか!!BL作品でここまで女性キャラに没頭するとはw
また上手く書かれているんですよ!!それが。

家族に愛されているからこそ・・・なんだよね。
とりあえず未樹ちゃんには幸せになってほしいですとも。うん。

で・・・この続編「いつか青空の下で」では
家族に浅海との関係がバレてしまいます。
しかも最悪のバレ方で・・・。
風呂で読んでいたのですがなんかもう心が苦しくなって上がることにしましたw
なんか・・・ほんとにありそうなんだもん!!・・・自分に?!
親に泣かれるとか・・・認めてくれないとか・・・まぁそんなもんよね。

で・・・未樹の親に会いに行く前の・・・浅海の・・・
「プライドも世間体も全部捨てました」(だったかな?)みたいな台詞に
かなり・・・きましたともw 大人やなぁ・・いいなぁ・・と(2回目

1の方では「まぁ普通だな・・・」って感じだったのですが
2でグーンと好きになりましたとも!!

でも・・・これだけ巻き込んで・・・
別れることになったときとか・・・どうなるんやろ。。
まぁそこはBLの不思議ってことか。

月村さんの描写はすごく心に響きます。
ほんとに・・・いそうなんだもん・・・。
まだあんまし読んではいないけど
機会があればもっと他の作品も読みたいなーと。
朝チュントリオにずっとついていきますw
[PR]
by syukarin71 | 2006-03-31 23:49 | BL小説レビュー


<< んー・・ ソーヘン~バーフォンハイム >>