空にはちみつムーン ディアプラス文庫

空にはちみつムーン ディアプラス文庫
松前 侑里 (著), 二宮 悦巳 (イラスト)

役者になる夢も何もかも捨て、恋人と一緒にNYに行くはずだったのに―。出発直前、環は恋人が“便利屋みたいなうさん臭い劇団”に、自分と別れさせてほしいと依頼したことを知ってしまう。劇団に乗り込み、「絶対に別れない」と宣言する環だが、見事に彼らの芝居に騙され、さらにその劇団で働くことに。そこには自分と恋人を別れさせた、最悪のシナリオを書いた功紀がいて…?書き下ろしムーンライト・シアター。


今日のレビューはほとんどディアプラスです。。

松前さんです。うん松前さん。
はちみつ本ですね。最近買って読みました。
1番最初の「俺だけの招き猫になってくれないか?」にほのかに笑わせられ
でも途中でペンギンを使いたいのか招き猫を使いたいのかわからなくなりました。

あとこれ学校で読んだせいなのか
無駄に緊張してあまり頭に入っていません。(自分こんなんばっかだな。

って自分あんましじっくり読み込まないタイプかもしれません。。
いやでもお気に入りのはかなり読み込むけどね…。
これまで3回以上読んだのは…。

・セブンティーンドロップス
・Try Me Free
・臆病な背中

かな?歯科医の憂鬱も3回読んでいるかも。あと許可証。

話に戻って…
人間関係の問題解決屋の話ですね。

この話にいえることは…。

「本当の依頼者は●●だった」

ってネタが多いなーと。
結局…環をスカウトする依頼は誰だったのさーなんてね。
いや1回くらいなら「えぇ?!」でいいけど…ね。。
いや実際そんな多用されたかどうかはわからんけどさ。
でもなんか印象に残っているのがそれって感じ。

ですが脇役は魅力的!!
脇カプが繋がるまでの話が読みたいなーと思ったくらい。

これ読んだの二週間前だよな。。
なんでこんなに覚えていないんだろ。。恐いわ自分。
[PR]
by syukarin71 | 2006-05-11 20:59 | BL小説レビュー


<< モニタリング・ハート デ... エッグスタンド ディアプ... >>