好きこそ恋の絶対 幻冬舎ルチル文庫

好きこそ恋の絶対 幻冬舎ルチル文庫
いおか いつき (著), 奈良 千春 (イラスト)

諏訪内真二は、白バイ隊から捜査課に人事異動され刑事となった25歳。配属されて最初の事件の担当検事は、先輩刑事たちから敵視されている高城幹弥だった。しかし事件を二人で調べるうち、真二は高城と親しくなりたいと思い休日を一緒に過ごすことに。やがて真二は、正義感溢れる高城に惹かれ始め…。新米刑事とエリート検事の恋は。



e0076112_21493399.jpg


奈良千春さんで刑事もの…といえばエスですがこれは全然違いますよね。うん。
結構事件は起こっているんですがほのぼのーって感じ。
大型犬系って結構あるようでないような気がします。

これ自分が好きなレビューサイトで高評価だったから買ったのよね。
これは古本屋で買いましたよ!!

でねでね…。
なんていえばいいんだろう…
口絵が見えないようになっていましたww
恐らくこの本の前の所有者はブックカバーをつける人なんでしょう。
暴れん坊本屋さんで紹介されていたのを実写で見たような感じで
1人でニヤニヤしていました。うん。

んで・・確かに口絵はやばかったです。。
ディアプラスは口絵ヤバい率は恐ろしく低いので…。
「そうだこれがBLだった…」と再認識させてくれますとも。

奈良千春さんのカラーはすごいよなぁ…と。

自分が好きなシーンは横浜デートでっすね。
関西弁初披露のあたり大好きですとも。

ちなみに続編も買いました。
「君こそ僕の絶対」です。

大体二作目って9.5割方ケンカか疎遠になると思うのですが…
付き合いへの迷いなんて0で…。かなりびっくりw
こういうラブラブの話もいいなーなんてね。
オススメです♪
[PR]
by syukarin71 | 2006-05-11 21:48 | BL小説レビュー


<< 恋する博士 プリズム文庫... 甘えたがりで意地っ張り ... >>