ホストクラブより愛を込めて 角川ルビー文庫

ホストクラブより愛を込めて 角川ルビー文庫
樹生 かなめ (著)

不夜城に漂う純愛!? 樹生かなめの笑って泣ける激愛ストーリー!
歌舞伎町で汚れホストとして夢を売る敏史は、憎くてたまらない男・省吾と再会する。省吾はかつて製薬会社の御曹司だった敏史を陥れた男だった。省吾を愛していたからこそ許せず、敏史は省吾を拒絶するのだが……!?


このころは樹生さんにはまっていました。
この作品は結構好きです。結末以外は・・・。
汚れホストの話ってのはなかなかないですよね。
会社の人たちをはめるシーンとか好きです。
竹千代との絡みも好きです。いや恋愛じゃなくてね・・・。

で・・・まぁ切ないですよね。可哀相です。
なんでこうも裏切るのか。
でもこれが人間なんでしょうね。。

で・・ここからクライマックスへ!!ってところで終わってしまったような;
スッキリしない読後感。。うーむ。

そいえば法律相談事務所に~も印象に残っています。
樹生さんでルビーだと。
あれは・・・。面白かったけど奈良県の人がみたら「・・・」だろうとw

やはりクセがあります。
でも一度ははまります。樹生かなめさん。
一度おためしアレー。。
[PR]
by syukarin71 | 2006-05-12 20:30 | BL小説レビュー


<< 締め切りのその前に!? ... 花嫁は奪われる 角川ルビー文庫 >>