今宵、天使と杯を クリスタル文庫

今宵、天使と杯を クリスタル文庫
英田 サキ (著), ヤマダ サクラコ (イラスト)

人生なんて一寸先は闇―飲み過ぎたある夜背中に天使の刺青を背負うヤクザ四方と一夜の過ちを犯してしまったらしい柚木は、それ以来しつこく迫られ肉体関係を強要されるようになってしまう。その上会社からはリストラを宣告され妻には家出されて…。純情ヤクザ×中年リーマンの奇妙な関係の行方は。


BLでヤクザモノだとあれを思い出します。
親友がスパイだった~っていうオチのやつ。
新宿で撃たれるとかね。名前なんだっけ。
誰かわかる人教えて下さい。4冊くらい出ていたはず。。
確かこれは受けがヤクザの息子じゃなかったっけ。

で・・・。この作品はクリスタル文庫の売り上げずっと上位なんでしょうか。
いっつも上のほうにいます。すごいよね。
英田サキさんの「エス」と「君のために泣こう」のこの作品はほんと評判いいですよね。
まぁいいや。

とにかく最初の設定がすごいですよね。
35のED&種なしサラリーマンおまけにアル中w
どーやってBLにするんだとw(MLともいうんでしたっけ?こういうのは

これ読んだのだいぶ前だと思いますが
結構覚えています。神父ネタよね!!

なんか・・・愛しているんだな・・・って感じがかなり好きです。
あとオチも。暖かいところで・・・っていうのは夢ですよね。うん。
あーなんかもっかい読み直したくなってきたな。

ってかほんと記憶力の限界に挑戦!って感じになってきた。。
[PR]
by syukarin71 | 2006-05-12 21:12 | BL小説レビュー


<< プライベート・レッスン ... 締め切りのその前に!? ... >>