野蛮な恋人 角川ルビー文庫

なんかしらんけどすっごい良かったです。
自分があんまし読まないような作品なんですけどね…;
新人さんを読むのもかなり珍しいし…;

前評判はやはりあてになります。買って正解でした。

e0076112_1821875.jpg
野蛮な恋人 (角川ルビー文庫)
成宮 ゆり (作) 紺野けい子(イラスト)

「びくつくなよ。やられんのが嫌なら、俺が受けてやってもいいんだぜ。俺を抱けるなんて光栄だろ」。兄・春樹のマンションに居候をすることになった大学一年生の田島秋人。ところが訪れたマンションで待っていたのは、兄の恋人だと名乗る綺麗で乱暴で凶暴な男・木崎智也(攻)だった。「お前は逃げた春樹が戻るまでの人質だ」と脅され、仕方なく智也と暮らすハメになった秋人だが、兄に振られ傷つく智也を慰めるうちに、うっかり抱いてしまい…!?期待の新星・成宮ゆり×紺野けい子で贈るイマドキ青春ラブ・グラフィティー。


期待は期待していましたが
そこまで過度な期待…ではなく
ボチボチ楽しめればいいなー程度でした。

違いました。。
なんか妙に引き込まれたんですよね。
BLの王道では…智也(攻)の性格は傲慢で…我が儘で…でも頼りになる…
みたいな感じなのですが…。最初はそんな感じ。
あーヤンキーと流され受けかーとか思いながら読んでいたり。
でもこの口絵は…?という疑問は浮かびましたが。。

でも…でも…
最初の酔った勢いで…みたいな感じのシーンから全然見方が変わります。

…え?こっち受け…?
あれ…(攻)ってどういう意味…?

…かっ…かわええ…!!

とにかくかわいいのです。智也が。
涙目になっているところとかもうかわいいのです。
本当に本当にかわいいのです。(もうええってな)

攻めの秋人は作中でも何回も言われているように
ノンケで…そして普通の男なんですよね。
酔った勢いで…のあと逃げるあたりも普通だなーと。
リアリティという意味ではリアリティ。
その辺の脇キャラもなかなかいい味出しています。

でも…でも…
この作品はもう智也のかわいさしかないんだよ!!

なんか中学生みたいな感想ですね。笑
攻め視点なので智也のかわいさMAXです。
この作品は背が高くて大きいお兄さんのかわいさを楽しむ作品です。
紺野けい子さんのワイルドな絵が余計萌えさせてくれるね。。

ギャップにこんなに萌えるとは思わなかった…。
何気に完璧人間…みたいな感じもええものだね。
なんかずっとにやけて読んでいたような?キモいな。自分。

次は兄たちの話ですか。
両受けにしか見えないのですがどうなのでしょ…?
成宮ゆりさん…これからも注目です。
[PR]
by syukarin71 | 2006-09-06 18:33 | BL小説レビュー


<< 足を洗うタイミング 気になったこと >>