シガレット・ラブ  ルチル文庫

雪代 鞠絵さんは2冊目かな。
明らかに好みでない作品を挿し絵買いした経験があったため
なんとなーく敬遠していたのですが(自分敬遠してばっかり)
木下さんが挿し絵だし手にとってみました。もとい注文ボタン押してみました。

シガレット・ラブ
雪代 鞠絵 / / 幻冬舎コミックス
ISBN : 4344810058

あらすじ(自作)
恋人の暴力によって大けがを負い病院に運び込まれた智紘。
それをきっかけに医師・高藤に匿われ、ひとときの幸せを得る。
しかし、そんな智紘に元恋人・崇の魔の手が…。

なんか安っぽいなあ。。自分が書くと。
結構重い話です。




この感覚なんて言えばいいんだろ…。
痛くて…泣ける作品です。
依存と憎しみに近いものに変わってしまった愛
あと…あれか。大人の包容力?いい作品だったなあ…胸に響きました。

とにかく…とにかく元恋人である崇の執着心が半端ないです。
DVの典型的なパターンってやつなんでしょうか。
しかしここまでに書かれているのはあまりないかも…
しかも代議士の3男という地位があるのでその経済力にものを言わせ
ひたすらにまで追い詰めまくります。

そしてね…「智紘…智紘それじゃだめだ!」と結構叫んでしまいます。
「共依存」っていう言葉が結構頻出するのですが
まさしくこれなんだなあなんて。ひとつ勉強になった。

ほんのひとときの幸せを得ているときの智紘が愛おしくて…
これは反則だ…!!初えっち…結構萌えました。
が、あまりにも「……」が多すぎて多すぎて多すぎて。
結構はるひん系…?なんて思いましたの。
「…」の数では今まで見てきた中でも1番のような気が。。結構喘ぎますよね。

書き下ろしは高藤の従兄弟の話ですね。
まあ…お子さんだなあ…って。同年代なせいか「んー…」って少しもにょり気味。
これがもう少し大人になると可愛いと思えるのでしょうか。
もう1人の大人びた子の方もなあ…。いつか次回作出るのかな。

まあでも悲しくて痛い話が好きな人にはオススメです。
[PR]
by syukarin71 | 2007-05-21 00:04 | BL小説レビュー


<< 青ざめる うう・・・ちょっと微妙な・・・ >>