水に眠る恋

いつも申し訳ないんですがコメ返すの遅くてすみません。。
他のブログ様と比べると明らかに遅いのがバレバレ・・・(3日放置とか;

さて・・・自分は可南さんの水に眠る恋を読みました。昨日。
ものすっごいテンション上がっているときに読んだせいか・・・
もう・・・泣ける泣ける・・・(心の中で泣く・・・という意味で。。)

水に眠る恋
可南 さらさ / / 幻冬舎コミックス











同じリンクスの「指先」は日常系の・・・ああ・・・遠いんだなあ・・・っていう切なさでしたが
水に眠る恋は・・・直球ストレートの切なさ。何で心が離れるの!な。
なんなんだこの2人は!!って思ったの。なんていうか・・・設定の勝利?
でも地の文でもっていくってのはすごいなあ・・・なーんて。
受けがどうしようもない系の受けなのかな?と最初思っていたのですが違いました。

第二部?の妹の言い分は結構胸が痛いものがありました。
ヒドい言い分とはいえ・・・やけにリアリティがあるんですよね。
まさに昼ドラ。しっかし・・・長野・・・ねえ。

あとエッチシーン萌えました。久々にじっくり読んだかも。
どうやら自分は「いつもは流される受けが自分から・・・」という描写に弱いみたいです。
車内・・・か。

しかし少しばかり疑問もあったかなあ。
1番は・・・この2人(特に上原)はお互いのことわかっているようでわかってないのか?ってことかな。。

切符をきっかけに愛を確認する・・・はまあ許容範囲でしたが
上原が長野行きを最終的に決める「久住はこんなにも好きでいてくれたんだ!」みたいな発見?は
「おいおい今更それはないだろ・・・」なんて思ってしまいちょっと冷めたかな。。

まあでも・・・可南さん・・・やはり素敵です。
円陣さんの挿し絵も麗しいですね。
この人は砂原さんのシンプルイメージの挿し絵もしているんですよね。。読みたいなあ。

結構オススメです。じれったいけど。

・・・全裸で夜のプールでふれあう・・・っていい画だなあ。なんて。
高校時代の2人の関係が大好きです。
[PR]
by syukarin71 | 2007-08-06 20:34 | BL小説レビュー


<< 大好きな作家さんでも。。 誰にも需要がないかもしれないけ... >>