エンドルフィンマシーン 井上佐藤

puriさんのとこを見て購入を決めたのですが
大正解でした。ほんと年間No1になりそうな勢いのヒットです。
絵柄受け入れられるか心配だったんですが
なんていうんでしょう・・・青年誌ぽい感じで
確かにいつも読んでいるような線とは違いますけど
大丈夫・・・というよりむしろ好みでした。

なんていうんでしょうか。
どうやら男の人が描いているっぽいという先入観もあるせいか
やけに人物像がリアルに見えました。
男視点(まあ自分の視点なんてあれですけど)からみても
なんとなくありかなと思ってしまうほど。珍しい・・・。
淡々としている戸川君とかほんとたまりません。

変にテンションが上がったり・・・少女にならないっていいますか。
puriさんの「甘さを抑えた色気」という表現が1番合っていますね。
そこらへんが良かったなあ。
短編が5つ載っているんですが全部好きです。

「どうせBLなんて全部同じ・・・」
こんなこと考え始めた人に是非とも読んで欲しいかもしれません。
きちんとセーフセックスが描かれていることにも好印象でしたねん。
麗人の中でも変わり種だとは思いますがこれからの活躍に期待したいです。


・・・投稿作のモノローグの多さには思わず笑ってしまいました。
絵もストーリーもどんどん進化していらっしゃる!


エンドルフィンマシーン (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
[PR]
by syukarin71 | 2007-12-30 13:59 | 日常


<< 漫画2冊。 卒業文集がどこにもない。まあ・... >>