2007 MY BEST

さあやって参りましたベスト企画。
去年のような形式にしようかとおもいましたが
今回は1位~10位までつけてみることにします。

2006年のはこちら☆


<小説部門>

第10位

しあわせにできる 12 (二見シャレード文庫 た 1-35)
谷崎 泉 / / 二見書房
やっと完結した!
本田さんの台詞ということには驚きでした。
シリーズ物の楽しみがわかった作品でもあります。



第9位

いとしさを追いかける (幻冬舎ルチル文庫 す 2-1)
杉原 理生 / / 幻冬舎コミックス
実は両方とも可哀相なんじゃないかなって。
じっくり考えながら読むと少しわかった気が。
掛井のキャラはやっぱりよーわかりませんが。



第8位

透過性恋愛装置
かわい 有美子 / / 笠倉出版社
受けのキャラがアレなのは仕様。
行為シーンがこんなにも面白い小説はなかった。エロ親父最高です><
建築の世界にちょっと触れられるのも良いなあ。
上海金魚はどうなんでしょうね?



第7位

しじまの夜に浮かぶ月 (角川ルビー文庫 83-20)
崎谷 はるひ / / 角川書店
ヤケクソになる姿が印象に残っています。
はるひんのワーキングなシーンはやっぱり好きだなあ。
アテクシ臭はどーもしちゃうんですけどね。
ブルーサウンドシリーズでも好きな作品です。



第6位

ドアをノックするのは誰? (二見シャレード文庫 は 3-6)
鳩村 衣杏 / / 二見書房
不思議な感じがたまりませんでした。
終盤の追い込みにもv



第5位

70%の幸福 (幻冬舎ルチル文庫 さ 4-1)
桜木 知沙子 / / 幻冬舎コミックス
これはマニアックじゃないかな。
受けが理学療法士なんですがとても好感持てます。
子供もとっても可愛かったなあ。オススメです!



第4位

恋雪 (SHY NOVELS 184)
砂原 糖子 / / 大洋図書
来ました砂原さん!
島のたった2人の同級生という設定からもうね。もう。
切なくってそして教訓となる言葉が多かった気がします。
「しったけ」がなければベスト3入るんだけどなあ笑
したっけですからね!






第3位!

世界が終わるまできみと (幻冬舎ルチル文庫 す 2-2)
杉原 理生 / / 幻冬舎コミックス
王子様同士です。切なさはNo1だなあ。
両方ともほんと可哀相で・・・通じ合ったときはほんと嬉しかった。
ページがめくるのが怖いけどどんどんめくってしまう小説でした。
そして高星さんの絵がほんと麗しかった><




第2位!


美しいこと(上) (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
木原 音瀬 / / 蒼竜社
こんなに下巻が待ち遠しい小説はない!
木原さんならではの・・・痛さというかなんというか・・・
なんていうか怖いです。そんな小説。(わかりにくっ)
来月の1番の楽しみでもあります!



第1位!


言ノ葉ノ花 (新書館ディアプラス文庫 169)
砂原 糖子 / / 新書館
1位はやはり砂原さんです。
「人の心の声が聞こえる」という設定を
こんなにも上手く書き上げたなんて・・・!!
切なくって・・・そして考えてしまう小説でした。
そして最も行為シーンが良かった小説でもあります。
余村さん可愛いよ・・・!!2月のドラマCDも楽しみ~!





次点
・月も星もない(久我さん/ディアプラス文庫)
続編に期待ってことで。
・午前五時のシンデレラ(いつきさん/ディアプラス文庫)
小倉弁とってもよかった><
・DEAD HEAT(英田さん/キャラ文庫)
海外ドラマっぽいのって良いよね。完全に客観的に見れるBLってなかなかない。
・ブライトンロック(椹野さん/シャレード文庫)
旧作ですが。イギリスでのお話。面白かった!イギリスに行きたくなる。
[PR]
by syukarin71 | 2007-12-31 12:34 | 日常


<< 2007 MYBEST(漫画編... 漫画2冊。 >>