2007 MYBEST(漫画編)&WORST・・・

次は漫画編です。

第5位

少年よ耽美を描け 1―BOYS BE TAMBITIOUS (1) (UNPOCO COMIX)
ミキマキ / / 新書館
雑誌ほどのインパクトはなかったものの
やはり面白い!潮ラブ~vウンポコの良作です。
ていうかこれBLじゃないか・・・



第4位

さわって、とかして。 (Dariaコミックス)
小鳩 めばる / / フロンティアワークス
昨日読んだ作品だよ!
高校生が本当に可愛かった~!
様々なカプを楽しみたい人に。


第3位

あかないとびら
鈴木 ツタ / / 竹書房
なんといっても表題作が最高です。
フェロモンがね。そして本音がね。
こんなに爆笑しながら楽しめる作品はない。
あとがきもとっても面白い!さすが期待の作家って感じです。



第2位

純情 1 (1) (Dariaコミックス)
富士山 ひょうた / / フロンティアワークス
ひょうたさんの中でも割と変わり種なこのシリーズ。
高校生の頃のすれ違いを埋める・・・みたいなのがいいですよね。
なかなか思いは通じ合いませんが!戸崎可愛いよ戸崎・・・。



第1位

エンドルフィンマシーン (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
井上佐藤 / / 竹書房
また昨日読んだ作品かよ!
いやでもBL漫画を読んでいて衝撃が走りました。
これが私たちのリアル(笑)




さて・・・2007年・・・
様々なBLに出会いました。
段々と保守的になってきて買う作家さんが決められてきましたが
それでも新しい作家さんや新規開拓の作家さんの作品を楽しんだりと
結構楽しめた1年だったかなあ。来年も期待したいです。


・・・で?13階のハーフボイルドの2巻はいつ出るんですか?



最後におまけ企画です。
始球式特集です。


2007年!最もあれだった小説大賞は!


・・・自分はナンバランのようなものあんまし読まないから
妙にリアルなランキングになりました。。



第3位

王子さまは誘惑する (幻冬舎ルチル文庫 く 1-3)





文中に溢れ出る「♪」の嵐。
高星さんの絵というだけで読み切りましたけど
もう読みたくないな・・・という感じです。
2007年テンプレ通り大賞の
「恋の値段は君次第」と合わせて受賞ってことで。黒崎さんは合わなかったかも。。



第2位


プールいっぱいのブルー
松前 侑里 / / 新書館







いつも通りの松前さんなんです。
でもね・・・でもね・・・
ここまで序盤から読む気が失せたのは初めてです。

「その代わり、俺たちに君のこと貸してよ」
で大幅にダメージを受け・・・
初めての食卓でいきなり泣き始められて
自分には荷が重すぎた・・・とそっとしまいました。
あ、でも絵だけはしっかり読みました。夢花李さん素敵。



第1位

Green Light (新書館ディアプラス文庫 173)
玉木 ゆら / / 新書館







2年連続でディアプラスの高校生モノが受賞です!やったね☆
まずなんだ・・・導入部分からすべっている感というか・・・なんというか。
極めつけはアレでした。
メールのシーンが永延と続くというところ。
5ページ続きました。辛かったです。商業でこれはないだろと。

気合いで読み切りましたがやっぱり最後までよくわからなかった。


e0076112_13331488.jpg



こんな挿し絵があったのですが
こんな目で読んでいるのはこっちの方だ!ってな感じでした。



・・・しかしまあキワモノではないからなあ。
良作もあればアレな作品もあるって感じでしょうか。
[PR]
by syukarin71 | 2007-12-31 13:12


<< ラスト更新 2007 MY BEST >>