ファンタジーはキツかったです。

今日も宿題やると見せかけて小説読んでいました。
わざわざ部活で学校にいってまで・・・!!
あ、部活では喘ぎ声録音しました。受け声優でも目指しましょうか。

で、読んだのは可南さんの蒼天の月。
夢花李さんの絵柄が素敵です。

しかし自分。
もっと設定をよく読んで買うべきでした。
完全にファンタジーです。
まあ舞台が現代なのでそこまで違和感はありませんが(●●大陸とかそういう西洋系はもっとキツい)
素面じゃなかなか読むの辛かったです。
↓の記事を書いたのはそういう理由があったり。

まああらすじ通り・・・
攻めが龍神で、その力を発揮するためには
巫女(受け)と契約・・・体を繋がないといけないというね。
その通りの展開ですね!

遥かとかそういう系の乙女ゲーが好きな人が読むべきでしょう。
結局ファンタジーが読めるという後輩にあげちゃいました。

「アンタ俺と契約しないか?」月夜の晩、桜が咲き誇る庭で、沢渡遙は端整な顔立ちの少年・牙威と出会う。わずかな時間の中で遙を気に入ったと言う牙威は、謎の言葉と甘美なキスを残して姿を消した。それから数日後、バイト先で起こった怪事件に巻き込まれ危機に陥った遙は牙威に救われる。彼は神の力を持つ「龍神」だった。だが力を使うには、力の源を与える者と契約を交わす必要があるという。牙威に命を救われた遙は、牙威と契約を交わすことを決めるが…。

蒼天の月 (リンクスロマンス)
可南 さらさ / / 幻冬舎コミックス
[PR]
by syukarin71 | 2008-01-11 17:26 | 日常


<< 教えてよ これだけで何かわかったら神 >>