教えてよ

特に大した考えずに買ったのですが
「現在治療中」と多少リンクしている作品でした。
葉田のその後がわかって嬉しかったです。桜木さんにとってもお気に入りのキャラなのかしら?
作品同士でリンクしているのって素敵ですよね。

そんな感じで北大(恐らく)歯学部の学生×講師のお話です。
2004年の作品なんですが、この頃の金ひかるさんの絵は好きだなあ。
金ひかるさんの書くワンコっぽい感じの男が好きです。

で、物語は口腔外科学?の追々試に合格できなければ留年!というところで
つきっきりで補習をしてくれたことから始まります。
永野(受け)に完全に惚れ込んでしまい、そして永野と会う口実を作ったりするために
勉強に目覚めていく利仁(攻め)が可愛かったです。

永野もまた言葉っ足らずなやつで
そしてたまに突拍子のない行動に出てきますが
それもまた愛ゆえのことだからまあ許してやってもいいかな。(何様)

「俺って愛されていないのか・・・!?」
と思い悩んでぐるぐるシーンはすごく多いです。
そういう風に悩む年下攻めが好きな人にはオススメかもしれません。
あと冷静で軽くあしらってしまうけど実は・・・な感じの眼鏡が好きな人にも是非。

あとがきにはあとり先生のことが書かれています。
何故だかこっちまで泣けてきてしまいます。


教えてよ (ディアプラス文庫)
桜木 知沙子 / / 新書館
[PR]
by syukarin71 | 2008-01-11 17:50 | BL小説レビュー


<< レビューなのか日記なのか ファンタジーはキツかったです。 >>