美しいこと(下)  木原音瀬

同士よ!!
さあ叫ぼう!

寛末氏ね!!!!!!!!!

ああスッキリ笑

いやね。
puriさんとこ見たときからこうなりそうなのはわかっていたのですが予想以上でした。
予想以上すぎる!!
もう何度踏んづけてやりたい気分になったか!!!!
BLにおいてナチュラルにこんなにイライラさせられたのは初めてです。
これが木原節か・・・!!とある意味で納得。
ああもう一度言おう。寛末氏ね!


美しいこと(下) (Holly NOVELS)
木原 音瀬 / / 蒼竜社










とりあえず何というか・・・。
雑誌掲載分でずっと待っていた皆様
本当にお疲れさまでした。
あそこで終わるとかありえないわ!

まあ・・・続きはもっとアレでしたけど。

とにかく松岡に涙しました。
寛末視点であるのにどうしてこんなにも伝わってくるんだろ。
挿し絵が原因でしょうか?
自分はケーキに対して嬉しそうにしている松岡を見て
一旦中断してしまいました。
そして同時に叫んだ。
「こんな男(寛末)から逃げろと!!」

松岡ほんと優しい。。
露店でどうでもいいストラップ買うようなヤツにだぜ?

倫はこの時点で木原節に関して自分が弱者になっていることに気付いていなかった・・・。


あと何カ所あったっけ・・・
あまりの無神経ぶりに続きが読めなくなった場所・・・。
ほとんど挿し絵を被っているのか。。
以下挿し絵に合わせて感想言っていきます。(なんだこの形式)



P33、ドアを叩く寛末
何がしたいんだこれ!
とか思いつつも・・・
この頃は「寛末・・・どうしてだよ。」
くらいでまだ寛容でした。その後、崩れます。

P81、松岡に来られてびっくりする寛末
嘘は嫌いだって言っていたよね。
嘘ついているじゃねえか!
しかし・・・寛末に会えただけでも嬉しそうな松岡にもうキュンキュンでした。
部屋に入っていく?と誘われてパッと顔が明るくなる松岡がもう愛しくて。

P101、ケーキ松岡(なんだこれ)
愛しい・・・愛しすぎるよ!!
この挿し絵見たとき・・・ついに出てきました。
「寛末氏ね!」と。
安いストラップ1つで・・・この野郎!と。

ふと、松岡が何で誕生日を教えなかったか考えました。
勘違い・・・してしまうのが怖かったからじゃないかな。
でもやっぱり大切な日だから約束しようとしたりして。
松岡が愛しい。こんなに可愛いと思ったことは一度もない。


P133、温泉の2人
一瞬だけ・・・一瞬だけ幸せになりました。
そして恥じらう松岡の描写を見て・・・
ちょっとあれになりました

P153、居酒屋で寛末
来たよ!!
想像通りだったけどムカつくよ!!
散々ウジウジウジウジしていたくせに
何でこういうときだけ男のプライドみたいのアピールするかね。

この劣等感はわかるよ。
わかるけど・・・。
冷静になれない気持ちもわかるけど・・・。
でもその後の松岡のことを考えるともう涙するしかありません。

P165、うなだれる松岡
もう何度でも言ってやる(笑)
寛末氏ねと!!
これはもう女装で騙していた松岡への復讐?
ここまでするか?と真剣に考えてしまいました。

多分この台詞を聞いたら、全ての人が寛末氏ねと叫ぶでしょう。

「君が男でも大丈夫と思ったんだ。けどいざとなったら・・・やっぱり生理的に・・・」

そしてこの後にあの挿し絵ですからね。
一緒に泣きました。何でこんな無神経なんでしょうか。
散々期待させておいて。何で・・・何でなんだろ。
じゃあ何で?どうして?と問いつめる気力すらなくしてしまいます。
痛いくらいに伝わってきました。ああもう!

P197、シカト松岡
ええと・・・P165~P197を纏める言葉だけ言わせて下さい。


(゚Д゚)ハァ?

着信拒否は松岡GJと思いました。引っ越したことも。
そしてもういっそのことそのまま寛末ガン無視でいいよもうと思った自分はあれでしょうか・・・。
だって松岡が愛しすぎるんだもん!

まあ・・・寛末がメールを送ろうと思った時点・・・
いや、メールが松岡からだだと思った時点で
寛末は弱者に変わったんだなあと思います。

てか寛末をもっと痛めつけてくれないと気が済まない笑


P207、雨に濡れる寛末
松岡は何でこんなにも優しいのでしょうか。。
傷つくってわかっているのに。
また同じことの繰り返しになるってわかっているはずなのに。

すべては寛末が悪いんだこの××××め!


P243、キスシーン
報われた・・・?いや・・・どうなんだろう。

いちいち松岡が可愛いんです。。
告白された後の松岡も・・・すべてが愛しい。
だから寛末許してやってもいいです。(あれ・・・?

「僕は見てみたい」
「見たいって、自分と同じじゃないか。」


何なんだよこいつら・・・。


P255、ラストシーン
松岡のメール泣きました。


一応ハッピーエンドだったのかなあ。
ラブラブは小冊子という商法なんであんま実感ないんですが。
何でこんなに松岡って可愛い奴なんでしょう。
この世のモノとは思えない可愛さを誇っていますよね。

ああ楽しかった。
ムカついたけど楽しかった。
間違いなくオススメの一冊です!

でも自分は・・・
寛末のことは好きにはならないですよ。
将来こんな男に引っかかりそうだから笑
[PR]
by syukarin71 | 2008-02-01 21:36 | BL小説レビュー


<< セラピストは眠れない 俺とスマブラXとボーイズラブ >>