吐き出せばそれでいい♪

一応純情ロマンチカ見ました。
櫻井さん良いですね。
「たwかwひwろw」って感じでしたね。
デフォルメ絵が可愛かったですね。
作画もまあ許容範囲というか、テンポも良かったですね。

・・・モノクロの後に見たらなんだか「アッー!」が足りない気はするのは何故だろう。
気にしないことにします。


今日は小説を2冊読みました。
いおかさんの「子供に内緒で」と
杏野朝水さんの「罪よりもいとしくて」です。

小説…これからちょっとランク付け的なものを実験的にしてみます。
まだまだ本を読んでいないので、全然あてにならないですが
自分用のメモも兼ねたりして。
まああくまで自分基準なので!






子供に内緒で (リンクスロマンス)
いおか いつき / / 幻冬舎コミックス
★★★★(4)




自分、実はいおかいつきさんは絶対シリーズしか読んだことがありません。
真昼の月とか評判が良いシリーズは一度読んでみたいのですが
ヤクザも刑事も苦手なのでなかなか勇気が出せず…。
そしてシリーズじゃない本はよく「薄い」と言われていてなかなか買えなくって。

でも、この本は某腐男子様が「面白い!」と言っていたので買ってみました。
うん。正しかった!すっごく面白かったです。

「子供に内緒で」なんてやけにエロちっくなタイトルですが
意外と爽やかな話です。橋本あおいさんの挿絵でも読めそうなくらい(謎の例え)
別に攻めはバツイチですが子供がいるわけではありません。
ここでいう「子供」とは、受けが子供向け番組の司会をしていて、その子供のことなんですよね。

表紙を見る限り、ものすっごいドロドロした小説に見えますが
読みやすく、かつ朴訥っぽい親父も堪能できて大満足です。



罪よりもいとしくて (リンクスロマンス)
杏野 朝水 / / 幻冬舎コミックス
★☆(1.5)




2005年のリンクスの作品です。
片岡ケイコさんの挿絵に惹かれて買いましたが
これはもう…トンキチ本といいますか…。
なんじゃそりゃ?って感じでした。

要約すると…。

受けの身寄りがなくなる。
母親の従姉妹の家族(八坂家)に引き取ってもらう。
受けの実の父親は、母の従姉妹の夫だった!びっくり!
受け「八坂家を崩壊させてやる。これはゲームだ」

コロッと騙して、実の父親と寝る(父親は何にも知らないよ!)
この関係結構長く続く。

自分を好きでいてくれる、義理の弟とも寝る。
「ふふ…騙されていることも知らないで」

「さあそろそろゲームも終了だ」

父親とやっているところを
義理の弟に見せる。

弟、怒る。殴る。
受け「やっべえ!」

受け、大阪に逃げる。
弟、探し出してくる。
「ネットでかっこいいカフェの店員を探したら出てきた」
元鞘


だんだん片岡さんの絵が適当になるのが面白かったです。
自分にはこの小説をまとめることなんてできない。
後半部分読めなかったですが
挿絵を見ると、また実の父親とも弟とも寝ていました。
この受けは一体なんなの?
[PR]
by syukarin71 | 2008-04-11 21:50 | 日常


<< 共同生活 過去のトップ絵 >>