恐怖で持つ手が震えたのは初めてです

「FRAGILE」読みました。
なんか死にたくなりました。

詳しい感想は多分書かないです。
読み終わった後の興奮だけとりあえず書きます。

★をつけるのは無理です



これありですか?
憎悪と愛は紙一重なんだと気付かされました。

自分・・・書き下ろしは多分このままラブラブが続くんだと思っていました。
だから、なんか拍子抜けで・・・。
死んだかどうかもわからないあのエンドが1番良かったんじゃね?って思っていたのですが。。


あんなに怖い「 死ね 」は初めて見た。
この言葉・・・。こんなにも人を傷つけることができる言葉なんですね。
あれを見た瞬間、手がガクガクと震えました。
まさかBLでこんな体験ができるなんてね!


そして流血デスセックスですか。
自分、あのまま死ぬかと思いましたよ。
死んでいたらそれはもう歴史に残っていたでしょうね。

でも・・・最後のラストシーンは
箱檻や、美しいこととはまた違う
BLの「最終形態」と見た気がします。

記念すべき創刊でこの作品を文庫化したのはよくやった!と言いたい。
あーでも決して人に薦められない作品だなあ。

なんか・・・当分木原さんいいわ・・・って思えてきた・笑
衝撃でした。
[PR]
by syukarin71 | 2008-04-14 23:10 | 日常


<< 一仕事したなあ。 人生初の♪ >>