プラマイゼロ

勝負に買ってハーゲンダッツの棒アイス(マカダミアなんだか)をおごってもらい
公園で(青春)食べようとしたら、見事に砂利の上に落としました。
久々に泣きたくなりました。食べたけど。
心なしかちょっと吐き気がするけど。ハーゲンはすっごくおいしかったです!

なんとなく
ハーゲンのミニカップとドルチェとクリスピーサンドでBLを考えたのですが
どこがカプになりますかね。

自分はみんなに愛されるミニカップ(受け)を
大らかで包み込むな性格のクリスピーサンド(攻め)と
金持ちで美麗なドルチェ(攻め)が取り合うような物語を想像しました。

あーでもハーゲンダッツというブランドそのものがええものなのかな。
王子様ハーゲン×日本男児の和ごころの花嫁モノとかも良さそう?

そいえば6月のディアプラス、榊さんの新刊のタイトルは「秘書が花嫁」
榊さんってなんでこんなにタイトルセンスないんでしょうか。。
前の「奇蹟のラブストーリー」もひどかったけど
いやまあ・・・非常にわかりやすくていいけどね!別に!


今日は「片思い」に収録されている短編「花の宴」を読みました。
初出は96年のビボイ?
結構重い話でした。主人公は中3の男の子で、境遇がとても可哀相でした。
どうなっていくんだと先が読めない話だったなあ。
木原さん特有の痛さもあり、胸に突き刺さる話でした。

親友の政宗が本当に好みです。
この2人の幸せな話・・・読みたかったなあ。
最後の「ごめんな」にはグッときました。


晃は、父親が雅人を好きなのを知っていたんじゃないかな。
中盤での「それとも、知っているの」という晃の台詞は

1、晃と義父との関係のこと
2、義父が雅人のことを好きということ

この2つが考えられるけど
晃の性格を考えると後者なんじゃないのかなあ。
ああでも晃は義父との行為を悦んでいるようにも見えましたよね。
うーん・・・どうなのかなあ。

まあでもかなり好きな話でした。
木原さんは・・・本当にすごい。
[PR]
by syukarin71 | 2008-05-11 17:34 | 日常


<< タイミング  新堂奈槻 動いたら疲れます >>