これは良いタジハナ

おお振り10巻読みました。

これは・・・
これは萌えた(単純な感想)

レベルもそう高くない埼玉との戦いなのですが
それならではといいますか。
タイさんとイッチャンの士気の差からくるやり取りなどは
かなーりグッときました。
1つの高校にどれだけドラマがあるのだろうだ!
また違った青春を感じましたね。1冊の満足度がすごく高かったです。

ニシウラーゼは今回のメインは花井になるのでしょうか。
キャプテンの苦悩、そして田島への想いですよ!
花井は一体どこで変われたのかなあ。三橋の視線だけじゃないですよね。


って・・・こんな考察とかはどうでもよくってよ。
とにかくいちいちもうキュンときたりムハってなるんですよ!
田島様も花井に対してだけは明らかに違いますよね。
特にこの巻の最後にはそれがちょこっとだけ見れて
もうキャーってなっちゃいました。

・・・自分・・・おお振りはそういう目で見ないって決めていたのに。。
その信念はどこにいったのやら。

そして今回は阿部が割と控えめでしたね。
一体この巻で休んだ分を美丞戦でどこまで爆発させてくれるのでしょうか。
[PR]
by syukarin71 | 2008-05-26 22:11 | 日常


<< 二人の愛の形 九つの、物語    橋本紡 >>