LOOP   木原音瀬

リアルでチラりと書いたのですが
今日、成績が出て、なんとか目標の評定を達成することができました。
あとはまあ・・・ライバルがいないことを祈るのみです。
2週間後くらいに、ここで「推薦決まりました!」と報告できたらいいな。
決まったら祝って下さい・笑

そして10月なのでトップ絵を変えました。
といっても、だいぶ前のです。自分のパソに埋まっていました。
多分一度もトップ絵にしたことないような気がするのですが。。
絵師様は今は忙しいようで最近連絡取り合ってないですね。

と・・・前置きはここまでにして
読んでしまいました。木原さんLOOP
噂によると、WELL並に地雷要素が強い作品だったそうです。マジかよ!
読んでみて・・・まあ・・・うん・・・キツかったです・・・。
でもWELLほどの嫌悪感はないかな。

萌えを求める作品ではないことは確か。
木原さんだからこそできるなあとつくづく思ってしまいました。



幼い頃から洲脇義国のなかには、”宮澤”という若い男がいた。宮澤は過去に愛した女への未練と想いを昇華できず、現世の自分(洲脇)のなかにとどまっていたのだ。そんなある日、大学で知り合った英一が、宮澤の想い人・文の生まれ変わりであると気づき、宮澤は洲脇に「一ヶ月だけ体を貸してくれ」と頼む。その日から、宮澤は有田英一に執拗につきまといはじめるが・・・・・・。

LOOP (アイス文庫)
木原 音瀬 / / オークラ出版
☆☆☆(3.5)






前世ネタです。
なんかあらすじを見てもピンと来なくて
大丈夫かな~?と思っていたのですが杞憂でした。
変わった設定ですがすんなり入り込めました。


いやあ・・・しんどかった!
甘い要素がない;
ところどころに入る、生きていた頃の宮澤の話が超怖い;
そして何より・・・成仏(?)したはずの宮澤に心が乗っ取られていくような
洲脇が本当に怖かった!無意識って怖いよ~;

英一も救われなかったです;
木原作品の中の受キャラの中でも相当報われない方じゃないかな~。

しかし「恋愛時間」と「LOOP」でリンクするってどうなんでしょ・笑
そいえば恋愛時間を読んだときに、あの作品に似合わない重い設定つけるな~と思っていたのですが
こんなところにあの弟がいたんですね。知らなかったからビックリ!


自分の思いとしては宮澤はもっとボロボロになってほしかった。
鬼畜強姦魔に対する制裁が足りないよ。
殺されたとはいえ、文をああまでして何が未練だ!と思ってしまったね。
こいつはほんと許せないです。
しかも結局英一を無理矢理抱いていい気持ちで本当に還っていくんだし。
ここら辺に地雷要素が埋まりまくっているんだろうな~。
最終的にハッピーエンドなんでしょうが納得はいかないかも。


ですが、「萌え」はまったくありませんでしたが
前世まで巻き込んだ思いの交錯にはドキドキしました。
変わった設定だからこそ味わえる高揚感は言い表せないものがあります。

だから、どっちかというと評価不能って感じです。


あ、同時収録のFはすんごく良かった~!
ちょっと報われました。
[PR]
by syukarin71 | 2008-10-01 20:41 | BL小説レビュー


<< 茨木さんと京橋君    椹野 道流 セカンド・セレナーデ   木原音瀬 >>