初読みで引き込まれる

昨日はたくさんのコメントありがとうございました。
早速借りにいきましたよ。
そしたらなんか違う本もいっぱい入っていてビビりました。
ゴールデンスランバーは絶対に読みたいです。

そいえば、今日伊坂幸太郎さんの新刊が発売されるんですね。
自分は図書館待ちかな…。
なんか新刊が発売される日に既刊を読み始めるって素敵ですね。
まだ読んでいない本はいっぱいあるのですごく楽しめそうです。


で、読んだのは死神の精度です。
すっごくよかった!
自分、男性作家の文章ってなかなか読みにくくて苦手とすることが多いのですが
この本は全然平気でした。千葉の性格もあってとても読みやすい。
これは中学生くらいでも楽しんで読めそうな気はしました。
あらゆる年代が楽しめる作品ってすごいですね。

あらすじ云々はもういろいろな人が知っていると思うので割愛します。

短編が1つにまとまっていく手法がとてもよかったです。
そしてどの章にも相応の結末があって。
自分は、「死神と藤田」でもうやみつきになりました・笑(早いか)
短いページでここまで濃縮しているってすごいです。
そしてところどころにぐっとくる台詞があったりして。
本の面白さっていいなあ!としみじみ思ってしまいました。

自分は「恋愛で死神」が1番好きです。
スタンダードかもしれませんが、萩原の最後の台詞は忘れられないかも。
「可」なのか・・・とガックリきましたが、それに更に結末があったりして。

そして、この章が1番好きだったので
最後の章もうれしかったです。
自分はぜんっぜん気づかなかったけどね!


死をテーマにしているのにこの読後感のよさはなんなんだろうな~。
かるーく読めるのに、考えてしまう作品でした!

明日からもまだいっぱい読む本があります。
正直、幸せです。



そして校内選考です。。
放課後待っていなきゃいけないので
ラッシュライフでも読みながら待つこととしています♪(途中から校内選考どうでもよくなったりしてね)


※レス明日します。すみません。でもすごく感謝です・・・!
[PR]
by syukarin71 | 2008-10-16 23:03 | 日常


<< 校内選考 伊坂幸太郎を読もうと思うのだけ... >>