嫌な奴   木原音瀬

またご好意で絶版の木原本を読ませていただくことができましたv
すごく読みたかったので…!!

今回の「嫌な奴」もまた衝撃的でした。
初期の木原本は何が来るかわからなくて怖いです;
やりきれなさは全木原本でも上位にきそうな感じです。
自分は、FLAGILEの恋愛部分だけを取り出して強化しまくったように感じたのですが
皆様はどんな感想を抱くのだろう…。

でも10年前にこのような小説が出版されていたことがまた驚きです。
いやー…読んでいてドキドキしました。
萌えたー!とかあー面白かったー!とも言えない読後感がたまらないv


あらすじ
杉本和也は、大嫌いな「親友」三浦に会うため12年ぶりに故郷を訪れる。再会した三浦は昔と変わらず嫌な奴だったが、和也はどうしても突き放すことができない。三浦に押されるまま、一緒に暮らすことになってしまい―。


嫌な奴 (ビーボーイノベルズ)
木原 音瀬 / / ビブロス
☆☆☆☆
[PR]
by syukarin71 | 2008-10-21 21:11 | BL小説レビュー


<< チルドレン    全俺が泣いた >>