レビュー

e0076112_084961.jpg
どうしてもやってほしいそうなのでレビューその1はこれで行きます。

ハチミツ浸透圧 角川ルビー文庫
崎谷 はるひ (著), ねこ田 米蔵 (イラスト)

イマドキの高校生・宇佐見葉が、まだ幼かった中学生の頃、たった一度だけキスをした相手・矢野智彦は、高校生になってからすっかり極上の男になってしまい──崎谷はるひが描く、正統派純情ラブ・ストーリー!


なんか自分こう見るとすごいの読んでいるなぁ・・。
なんというか・・
「いつの時代の少女漫画だよ」みたいな要素がたっくさん盛り込まれていました♪
お風呂でトモ(攻め)のことを考えて泣くシーンとか特にね…。
そして崎谷はるひさんお得意の「喘ぎまくる受け」も健在でしたよ♪
まぁ・・題名通り激甘甘のハチミツ本ですね…。
ねこ田米蔵さんの絵が好きです♪
[PR]
by syukarin71 | 2005-09-17 00:13 | BL小説レビュー


<< れびゅー2 じゃあ・・腐男子っぽいのいく? >>