カテゴリ:BL小説レビュー( 128 )

Release

姉がいないと思ってパソ使わせようと思って
姉の部屋に入ったら
そこには自分のブログを見ている姉の姿が・・・!!

いや・・・別に良いけどね・・・別に・・・。

そんな感じで11年前?の作品です。
これが出版されたときって自分は小1ですよ。
なんかすごく不思議な感じがします。
1997年ってそんなに遠くない気はするんですけどね。

月村さんコンプまであと3冊です。
すっごい不評な「家賃」もなんだかんだで買ってしまいました。
砂原さんよりコンプに近づいているって意外な感じがするかも。
まあそれだけ魅力的な作家さんです。

しかしまあレジーテージーはその内ディアプラスで焼き直しされるかもしれないけど
「おとなり」と「ブレッド・ウイナー」は待っていても厳しいだろうなあ。
いつの日か手に入れたい作品ではあります。
古き良き時代の花丸なのかしら?


そんな感じで感想です。



Release
月村 奎 / / 白泉社
スコア選択:




この春、一流大を卒業し有名企業の営業に配属になった安西は、他人に対して極度の接触嫌悪症で営業なんて職種は大の苦手。クラス会で4年ぶりに地元に帰った安西は、二次会で中学時代の同級生・奥村と再会する。彼は、安西のそんな症状の原因になっている忌まわしい過去を知っていた…。他1編を含む新作書き下ろしペインフル・ロマン。


More
[PR]
by syukarin71 | 2008-01-10 22:36 | BL小説レビュー

現在治療中

桜木さんのディアプラス初の作品です。8年前か・・・。
北海道を舞台に・・・どこか日常的な感じのする作品でした。
そして本物の朝チュンを見ました・・・笑
エロはないですが気持ちの繋がりだけでもう楽しめちゃう自分には
かなーり良かったです。

1巻と2巻&3巻で主となるカプが違います。
自分はサブカプの方が本当~に好みでした。
かつてはナンパの帝王とか呼ばれた攻め(だけど眼鏡)が
美貌(だけど色々とどこかおかしい)の受けに一直線というかぐるぐるしている姿が
とっても良かった。大事にしようと思っているもののどこか空回りというか。
そしてとにかく葉田というキャラの魅力に惹かれました。
2巻と3巻だけでも楽しめると思うので是非とも読んで欲しい。
朝チュン好きな人は特に・・・!!

あとりさんの絵も素敵です。
もう・・・見れないんだよなあ。。

現在治療中〈2〉 (新書館ディアプラス文庫)
桜木 知沙子 / / 新書館
[PR]
by syukarin71 | 2008-01-09 22:55 | BL小説レビュー

親友と恋人と

イーブックオフから23冊届きました。
わあまた宿題が終わらなくなる日が近づいたよ!

まあ冬休みの集中力がたくさんある段階で
なるべくたくさん読みたいです。
君が好きなのさは途中で挿し絵が変わったのですね。


で、まず最初に
椎崎さんの「親友と恋人と」を読みました。
相変わらず素晴らしいタイトルセンスです。
なんでこうこんなにもくすぐったいタイトルをつけるのでしょうか・・・!!

で・・・読んだのですが。
親友エピソードは面白かったです。
香辛料がダメなのにカレー専門店とか・・・。
そういうのがもっともっと見たかったなあって思いました。
どうもそこら辺が少なくって親友っていう割りには
そんなに仲が良いように思えなかったかも。

ああでも大学の天文サークルの話はなかなか面白かったです。
受けが健気だったなあ。
攻めはまあ・・・結構掴みづらい人間ではありましたが。

サブキャラが結構出てくるのですが
その人たちが良かったです。一癖も二癖もあってね。
しかしタイトルを期待すると「・・・」って感じかも??

「こいつは俺のもんだ」とわかったから
告白しようとしたのかしら。
ここら辺ちょっと攻め視点で見てみたかったです。



親友と恋人と (SHYノベルス142)
椎崎 夕 / / 大洋図書
[PR]
by syukarin71 | 2008-01-09 13:48 | BL小説レビュー

BLを読んでいるときが1番輝いている

アマゾンから届いた3冊を読みました。
正式なレビューをするかどうかはわかりませんが
とりあえずサラっと触れておきます。

KISS ME テニスボーイ

aya-meさんとこでオススメされていたこの作品。
面白かった!へっ変態だー!って感じ。
金網を越えてキスしにくる要に爆笑しました。
そして無駄にエロかったです。
こんなに乳首がエロいなんて・・・!!と思いました。
シャツをびしょびしょにしながら乳首なめるっていいですね。(どんな感想だよ)

ていうか日本人×外国人ってのも珍しいよなあ。
まあ2人とも可愛らしかったです。
何で抱かないんだよ!っていう感じでしたが。。
やっぱり要は変態だと思います。


好きになってはいけません

桜木さんの新刊はやっぱり北海道。
小学校教師×イタリアンシェフでした。

とにかく料理がおいしそうで・・・
普段はボケっとしているけど料理のことになると
目が変わるっていう感じの受けが好みでした。

で・・・受け曰く「ベースは優しくて時折強引」な攻めも素敵でした。
好みです。素晴らしく好みです。友人に対しての言葉遣いとかも好みです。
例の如く当て馬は派手な元彼で
まあうまくまとまっているなあという印象が。
サブキャラも田舎の人らしく素朴で良さが見えました。

でもな・・・でもな・・・!!
タイトルにもなっているから仕方がないんですけど
「絶対好きにならないんだからっ!」っていう受けが
どーにも理解できない・・・!!そこが辛かった。
相思相愛の良さがそこにあるのかしら。。うーん。
でも、恋愛しない理由が「恋愛運が悪いから」なんですよね。。
それだけで、ちょっと引っ張りすぎかなあ・・・と思いました。

どうせなら2つくらいに分けて
前編でくっついて後編でラブラブ・・・とかにしてほしかったかもです。
あ、でもディアプラスらしく爽やかでそして出てくるイタ飯がとってもおいしそうなので
オススメではあります。


それは言わない約束だろう

まだ読み切れてはいないんですが1つ・・・。
受けのキャラデザが本文と合っていないような感じがします。。
いや台詞とかをみると可愛い子ちゃんで通じるんですが
「今風」だとか「野球サークル」とかを見ると「アレ?」って思ってしまいました。
そこでちょっとむずむずしちゃうかなあ。。

あと「何でやねん!」や「月も星もない」と同じ
芸人モノなので作中でリンクするのはまあ構わないのですが
それにしてはちょっと過剰かな・・・と思ってしまいました。
ていうか何でやねん!から20年近く立ったんですね。。
ゆーしょーは出てこないのかなあ。。

芸人と寝ることばっかしか考えていない
自称お笑いファンへの批判もこめられていたなあ。。

まあストーリーは今良いところなので
まだなんとも言えませんが><
でもいきなり襲いにきたときには思わず「嘘やん!」と突っ込んでしまいましたの。

ああでも後半部分の
竜一視点がめちゃめちゃ萌えました!
関西弁でヘタレなおっちゃん大好き!
本当にラブラブな話で見ているこっちが恥ずかしくなってくるくらい。
かーわいいなあ。本当。


キスミーテニスボーイ (キャラコミックス) (キャラコミックス)
京山 あつき / / 徳間書店




好きになってはいけません (新書館ディアプラス文庫 178)
桜木 知沙子 / / 新書館





それは言わない約束だろう (新書館ディアプラス文庫 179)
久我 有加 / / 新書館
[PR]
by syukarin71 | 2008-01-04 23:14 | BL小説レビュー

ファーストステップ   和泉桂

テクノサマタさんの挿し絵が珍しくって
そして宮大工という面白そうな職業に惹かれ買いました。
といっても・・・1ヶ月くらい放置していたんですが・・・汗

とても可愛らしい話で良かったですよ~!


あらすじ

大学生の宮下航が観光に訪れた奈良の寺で出会った今井和穂は、
航よりも年上の宮大工であった。興味を覚えた航は、訪れた奈良で和穂と再会する。
以来、和穂のことが気になり、何度も和穂のもとへ通う航。
ある夜、酔った和穂を自分の下宿に連れ帰った航は、和穂への想いを否定できなくなっていた。
そして和穂もまた航を意識し始めて・・・!?

ファーストステップ (幻冬舎ルチル文庫 い 1-4)
和泉 桂 / / 幻冬舎コミックス

More
[PR]
by syukarin71 | 2007-12-15 12:31 | BL小説レビュー

美しいこと(上) 木原音瀬

吸血鬼を除くと(え?除く必要ない?)
おっそろしく久しぶりの木原さん。
一度書店で買おうかどうか迷った挙句
「誰かの感想を見てから・・・」に決め
そして結局買うことに決めたのですが・・・

面白かった!すっごく面白かった!
ここまで下巻がすぐに読みたい!と思うのは初めてかもです。。
うう・・・この2人は一体どうなるんだ~・・・。

美しいこと(上) (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
木原 音瀬 / / 蒼竜社





あらすじ
松岡洋介は週に一度、美しく女装して街に出かけ、男達の視線を集めて楽しんでいた。ある日、女の姿でナンパされ、散々な目に遭い途方に暮れていた松岡を優しく助けてくれた男がいた。同じ会社で働く、不器用、トロいと評判の冴えない男、寛末だった。女と誤解されたまま寛末と会ううちに、松岡は「好きだ」と告白される。松岡は、女としてもう会わないと決心するが…。

More
[PR]
by syukarin71 | 2007-12-07 21:25 | BL小説レビュー

吸血鬼と愉快な仲間たち(1巻と2巻)

読んだ!
面白かった!
さすが木原さん!


・・・終わりかよってな。
いやでもこの言葉はまず先に浮かぶってな感じで。
そしてアルの境遇にちょっとホロリときたりきなかったり。
素敵な小説でした。

1巻も2巻も一気にさらさらっと読めました。
まだ恋愛には遠いなあ・・・って感じですが
普通の小説としても楽しい。すごく楽しい。本当に楽しい!
ページをめくっていくのがワクワクして久々の小説かもなあ。
とにかくアルがかわいくって・・・ギャーギャー鳴くところも
さり気なくいい日本語使うところとかもらぶ。。

だがしかし・・・
自分の最萌えは頭でっかち刑事(笑)の柳川刑事です。
もう出るたびに萌えが!萌えが襲ってくる!
うう。。柳川刑事メインの小説が読みたい。。無謀か。。

吸血鬼と愉快な仲間たち Holly NOVELS
木原 音瀬 / / 蒼竜社
[PR]
by syukarin71 | 2007-10-26 14:19 | BL小説レビュー

世界が終わるまできみと

すっごく楽しみにしていた
杉原さん×高星さん。
期待を裏切らない素敵で・・・そして切なさMAXの話でしたよ~!

そして高星さんの絵が麗しいこと・・・
表紙は全寮制なんちゃら学園とあんま変わらない感じですが
もう口絵からノックアウトされました・・・。
中学時代の2人がもうね・・・もう可愛すぎて!!

世界が終わるまできみと (幻冬舎ルチル文庫 す 2-2)
杉原 理生 / / 幻冬舎コミックス



有理は母親が入院中のため、父親の明生と弟の学と3人で暮らしていた。やがて3人は、父の友人である高宮という男の家に身を寄せることになる。父親は母親の入院費などで苦労していて、資産家の高宮を頼ったのだ。高宮には有理と同い年の息子・怜人がいた。初めは反発していた有理も、次第に怜人と親しくなっていき、やがて2人は恋に落ちるが……。


ああ画像がない・・・。

More
[PR]
by syukarin71 | 2007-09-16 16:06 | BL小説レビュー

水に眠る恋

いつも申し訳ないんですがコメ返すの遅くてすみません。。
他のブログ様と比べると明らかに遅いのがバレバレ・・・(3日放置とか;

さて・・・自分は可南さんの水に眠る恋を読みました。昨日。
ものすっごいテンション上がっているときに読んだせいか・・・
もう・・・泣ける泣ける・・・(心の中で泣く・・・という意味で。。)

水に眠る恋
可南 さらさ / / 幻冬舎コミックス

More
[PR]
by syukarin71 | 2007-08-06 20:34 | BL小説レビュー

獅子座の男&太陽を抱く男

トジツキさんの挿し絵が素敵と勧められ
早速書店で買ってきました。
ああ・・・外に出たらたまには良いことあるんだなあ。
あと他にも剛さんのキャラの新刊も買ってみました。
最近は滅多に読まない感じのストーリーも作家さん次第で買ってみようかなあ・・・なんて。


獅子座の男
小川 いら / / 幻冬舎コミックス


太陽を抱く男
小川 いら / / 幻冬舎コミックス




大学1年生の有季は、新宿で絡まれているところを「レオ」と呼ばれる怪しげな雰囲気の男に助けられる。謎が多くて強引で、お礼をしたいと言う有季の家に押しかけ、体でお礼を払わせるレオ。そんな男に心も体も変えられてしまう有季だったが―。ある日、レオのお使いで出かけた有季は不審な男達に書類を奪われてしまう。謎だらけのレオの正体は。

↑は獅子座の方のあらすじね。

More
[PR]
by syukarin71 | 2007-06-10 17:16 | BL小説レビュー